学生アルバイト労働条件確認キャンペーン

学生アルバイト労働条件確認キャンペーン

「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンが実施

最近メディアなどでブラックアルバイトが取り上げられ問題になっていますが、厚生労働省は新入学生がアルバイトを始める事が多い4月から7月まで「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンが実施されます。

キャンペーンでは、労働条件を確認を促すためのリーフレットの配布や大学等での出張相談などが行われる予定です。昨年実施された「大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査結果」では、労働基準法で規定されている「労働条件通知書」が交付されていないとの回答が多く、学生用の「労働条件通知書」を掲載したリーフレットなどをキャンペーンで活用するとの事です。

労働条件通知書とは?

労働基準法で労働契約を集結する際に書面で交付しなければなりません。未交付の場合は罰則として原則30万円、パートの場合はプラス過料10万円と罰則規定があります。

記載しなければならない内容は労働基準法施行規則第5条で定められています。主に、

  • 労働契約の期間に関する事項
  • 労働場所や業務に関する事項
  • 労働時間に関する事項
  • 賃金に関する事項
  • 退職に関する事項などがあります。

労働条件をめぐる苦情やトラブルが増加しており、事業主側も働く学生アルバイトも雇用前に十分な説明や労働条件通知書の内容を確認しましょう。もし、実際にトラブルに遭遇した場合は相談ダイヤルや労働基準監督署に問い合わせましょう。

アルバイトでのトラブルに遭遇した時は

「労働条件相談ほっとライン」
0120-811-610 月・火・木・金:午後5時~午後10時   土・日:午前10時~午後5時
「労働基準監督署 総合労働相談コーナー」 平日午前8時30分~午後5時15分

奈良を始めとする大阪、京都、の関西の事業主様は、ぜひツカモト労務管理事務所までご相談ください。
お問い合わせ

学生アルバイト労働条件確認キャンペーン

ツカモト労務管理事務所お問い合わせフォーム

直接お電話での折り返しをご希望の方は電話番号を記入してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

電話番号