無選択型保険とは

無選択型保険とは

無選択型保険とは

無選択型保険と聞いてもピンとくる方は少ないかもしれませんが、健康状態の告知や医師の診査なしで入れる保険と聞かれるとCMなどで知っている方も多いと思います。

無選択型保険のメリット

メリットとして健康状態の告知なしで加入でき、過去に病歴があった方や現在療養中でも加入できる所が最大のメリットですがデメリットも多いため普通の保険に入れない方が保険に入りたい場合以外は検討する必要はない保険です。

無選択型保険のデメリット

 デメリットを上げると、通常の保険に比べ保険料が割高なこと、加入できる年齢幅がせまいこと、医療保険では既に係っている既往症の再発や悪化では保障給付の対象外になることから既存の病気リスクのために加入しても給付を受ける事はできません。
 死亡保障の場合、契約してからすぐに(1年~2年が多い)病気死亡した場合は保険金額の半分又は払込保険料相当額しか支払われない契約内容の商品が殆どです。
医者に行くのが面倒臭いから何もしなくても入れる保険と考えるのではなく、保険は長期間にわたって支払いが続き家計の負担も大きい契約ですので、保険加入を考えている場合、最初に検査が必要な通常の保険を検討する事をお勧めします。

ご自身のライフプランのために

 また、会社員の方は傷病手当や失業保険・労災などある程度保障がありますが、個人事業主は病気やケガなどで働けなくなった場合の補償が薄く自分自身で民間の保険に加入していない場合は貯蓄を取り崩し生活する事になり、貯蓄が無い場合はすぐに生活が破綻してしまいますので、一度自分の生活プランを見直してみてはいかがでしょうか。

奈良を始めとする大阪、京都、の関西の事業主様は、ぜひツカモト労務管理事務所までご相談ください。
お問い合わせ

無選択型保険とは

ツカモト労務管理事務所お問い合わせフォーム

直接お電話での折り返しをご希望の方は電話番号を記入してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

電話番号