社労士にお願いするタイミングって?

社労士にお願いするタイミングって?

社労士さんってどういうタイミングで相談すればいいの?
他の業務が忙しく給与掲載までやっていられないとき。他の業務の作業時間の確保に社内に人材がいない時。慣れない分野の勉強は大変ですね。担当者の急な離職の場合にも。急いで求人を出しても間に合わないことも人を雇うよりも低コストで迅速に対応できる僕たち社労士に相談してみてください

社労士にお願いするタイミングがわからない

奈良の社労士 しゃろパカです。
起業してまだ間がない事業主様はご自分で労務管理や給与計算をされてる方も数多くいらっしゃると思います。今まで頼まなくても自分でできたから…というのでそのままになってる方に、一度社労士に労務管理を頼むタイミングとそのメリットをお伝えしたいと思います。

業務が忙しい時

事業拡大による業務量の増加や繁忙期で業務量が増え、労務管理にまで時間が回せなくなってしまう時があるかと思います。企業としては嬉しい悲鳴でしょうが、そういう時こそ本来の業務に集中したくありませんか?普段の業務でも外注を使うように、時間と経費の兼ね合いを検討していただけると、社労士を使うことは時間も経費もコスト削減にも繋がります。

社内に人材がいない時

少人数の企業様では経理担当者や事業主様ご本人が給与計算を担当されていることも多いです。先ほど申し上げたように他の業務の兼ね合いで業務時間の確保が難しい場合もありますが、社内に人材がいない時にこれから労務や給与計算の仕方の勉強をするのも時間が取られて大変ですね。担当者が急な離職の場合にも同じことがいえます。急いで求人を出しても経験者を雇うのにも時間のロスや余分な人件費がかかってきますね。

アウトソーシングを上手に使って円滑な業務を

新しく人材を雇用するよりも、迅速に低コストに会社の雑務を減らして、本来時間を使いたい仕事に専念するために、社労士の利用を考えてみませんか?
関西の事業主の皆様は是非、ツカモト労務管理事務所にご相談ください。

お問い合わせ

ツカモト労務管理事務所 | 

社労士さんってどういうタイミングで相談すればいいの?

ツカモト労務管理事務所お問い合わせフォーム

直接お電話での折り返しをご希望の方は電話番号を記入してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

電話番号